上司 好き サイン 対処法

上司からの好きサインやその対処法

スポンサーリンク

今回は上司からの好きサインやその対処法について話していこうと思います。
上司が部下を好きになってしまった事があるかないかのアンケートがあるのですがその結果、半数以上の方がありという結果だったので、このことで悩んでいる方は結構多いのではないでしょうか?
好意があるなと思う反応をあげていこうと思います。
一つ目は、『他の人と明らかに態度や接し方が違う』。
話し方が優しかったり、表情が明るかったり、後は挨拶や指導の際の声のトーンが他の人と明らかに違ったり…。
そんな場合は好意を寄せられている可能性は大です。
二つ目は、『目が合う、距離が近い』と感じたら好きサインかもしれません。
人間は好きな人のことを目で追ってしまう習性があります。
更に好意があるとその人の距離を近くとろうとします。
これは無意識にそうなっている場合もあります。
三つ目は、『プライベートや恋愛の話をしてくる、聞いてくる』です。
興味がある人には自分の話をしたいものですし、相手の話もききたくなるものです。
特にプライベートや恋愛の話をしてくる場合は好きサインの可能性が高いです。

スポンサーリンク

次に、好きサインを送ってきて困っている場合の対処法を話していこうと思います。
一つ目は、『仕事の話以外はしない』ことです。
プライベートなことを聞かれたとしても、『まあ、色々ありますよね。』等の言葉で、あいまいに返答しましょう。
間違ってもこちらから質問してはいけません。
質問をするとこちらが好意を持っているのではないか?と多くの人が勘違いをしてしまいます。
二つ目は、『会話のテンポをズラす』。
これはどういうことかと言うと、人は話などが盛り上がってくるとテンポが良くなってきます。
なので話が盛り上がらないように、ワザと話のテンポを遅らせたりします。
そうすると、雰囲気が悪くなり、相手から話を切り上げてくれます。
三つ目は、『なるべく見ないようにする』です。
全く興味がなくても見られていると思うと興味を持っているのかなと思われてしまいます。
なので、特に見なくても良い場合は見ないようにしましょう。
話さなくてはいけない時には、失礼にならない程度に、目をそらしたり、そういった対処をして下さい。
以上、上司からの好きサインやその対処法についてでした。

スポンサーリンク