別れ話 説得 方法

別れ話をされた時の説得の方法

スポンサーリンク

今回は別れ話をされた時の説得の方法について話をしていこうと思います。
別れ話をされた時の説得の方法とは一体どんな方法なのでしょうか?みていきましょう。
ラブラブで大好きな人からの突然の別れ話…とても辛いですよね。
しかしそれは本当に相手のこと好きなのかちゃんと見極めるチャンスでもあるのです。
自分自身としっかりと向き合い、相手に対する思いを再認識しましょう。
その上で、また復縁したいと思うのであれば、まだあきらめなくても良いと思います。
きっと原因があるのですから、しっかりと見つめなおしていきましょう。
別れ話をされた時、どうすればいいのかをみていきましょう。
1、自分に原因がある時。
きっと相手はあなたのどこかの部分に我慢をしていたはずです。
そしてその我慢が限界を超えてしまったのかもしれません。
あなたに対してなにかサインのような言動をしていませんでしたか?少し思い出してみてください。
本当にその人が好きならば、その点を直したことやこれから努力することを約束してください、そして守ってください。
そうすれば相手がまたあなたの元に帰ってくる可能性はグッと高まります。

スポンサーリンク

2、忙しい状態の時。
相手はもしかして仕事なので追い込まれていて、とても忙しい状況なのかもしれません。
そんな時相手は余裕がなく、相手の対しても失礼だと思ってしまっているのかもしれません。
そんな律儀な相手。
そんな相手には『気づいてあげられなくてごめんね。』等の気づいてあげられなくれ申し訳ない気持ちやあなたを待っていることを伝えましょう。
そして相手が負担と思わない程度に連絡をとり、交際を継続させておくと良いでしょう。
3、好きか分からないや他に好きな人がいると言われた時。
このようにちゃんと言ってくる人は誠実な人ではないでしょうか?まずその相手を選んだ自分を褒めてあげてください。
二股をかけてもおかしくないのですから、その点に関してはプラスに受け止めて良いでしょう。
そしてそんな時は楽しかった時やラブラブだった時を思い出してみたり、連絡をしたい時するようにしてみてください。
そうすることによって、本当はあなたの存在の方が必要だということに気づくかもしれません。
4、あなたの気持ちを確かめている時。
もしかしたら別れ話をすることによってあなたの気持ちを確かめているのかもしれません。
そして中には相手のことが好き過ぎて嫉妬やヤキモチをやいてしまい、そんな自分に疲れて別れを切り出す人もいるようです。
そんな相手にはこちらから最大の愛情表現をしてあげてください。
突然会いに行ったり、手紙を書いたり、ちょっと重いと思われるぐらいがこの場合はちょうど良いと思います。

以上、別れ話をされた時の説得の方法についてでした。

スポンサーリンク