食事に誘う 脈あり

あの人を食事に誘う…脈ありかな?

スポンサーリンク

今回はあの人を食事に誘う…脈ありかな?というテーマについて話していこうと思います。
この話を聞けば食事をしながら脈ありなのか脈なしなのかを見極める事ができ、聞かなければ食事に行くだけで見極められず、相手の思いも分からず、余計な出費が重なってしまうかもしれません。
それでは、始めていきましょう。
【細かい気遣いをしてくれる】あなたに気があれば細かい気を遣いをしてくれます。
何とも思ってない人には、気遣いはしますが失礼がない程度のものです。
もし過剰すぎる気遣いを感じたらあなたに気があり、脈ありの可能性が高いです。
更に、大勢の人がいるにも関わらず、自分にだけ細かい気遣いをしてくるようなら可能性は高いです。
【食べているものをシェアしてくれる】食べているものをシェアしようとしてくれる人は脈ありの可能性が高いです。
何とも思ってない人とはあまりシェアしようと思いません。
好意がある人には、美味しいものを食べてほしいと思うのです。
逆にこちらからシェアを提案して受け入れてくれた場合も脈ありの可能性は高いです。
人が口をつけたものを抵抗なく口に運ぶことは好意がなければなかなか出来ません。
【時間ギリギリまで居ようとする】食事が楽しかったのか、時間ギリギリまで一緒に居ようとする人は脈ありかもしれません。
食事が楽しくなかったら、食事が終われば帰宅してもおかしくないのです。
それなのに一緒に居ようとするのは脈ありの可能性が高いです。

スポンサーリンク

【食事代を奢ってくれる】食事代を奢ってくれる人は脈ありの可能性が高いです。
好意がある人でなければ、奢ろうとは思いません。
しかしケチな人や節約家の人はこの限りではありません。
普段この人はどんな人なのか、リサーチしておくと良いでしょう。
【自宅で食事をする】自分の家に招いて自宅で食事をする、または相手の家で食事をする。
そもそも気がある人でなければ家に入れようとはしません。
脈ありの可能性はかなり高いのではないでしょうか。
しかし、宅飲みやホームパーティー等をやる人だとその限りではありません。
【高級料理を食べにいく】二人で高級料理を食べにいくというのは脈ありの可能性が高いです。
高級料理はファミレス等のお店とは格式が違うので、気軽に行く事は出来ません。
高級料理を誘われたということはそれ相応の意図があると相手は考えます。
その誘いを受け入れるということは脈ありの可能性が高いのです。
以上6つのポイントについて話してきました。
このポイントさえおさえておけば、食事に行く際の相手の好意が見抜けるでしょう。
このポイントを意識して食事をしてみて下さい。
以上、あの人を食事に誘う…脈ありかな?についてでした。

それでは、読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク