社内恋愛 男性 態度

社内恋愛での男性心理と態度

スポンサーリンク

今回は社内恋愛での男性心理と態度というテーマで話していこうと思います。
社内恋愛での男性心理と態度とは一体どんなものなのでしょうか?みていきましょう。
男性は仕事と恋愛は水と油というような考えをもっています。
どういうことかというと仕事は仕事、恋愛は恋愛。
という風に分けて考えている傾向が高いです。
なぜかというと、会社での評価を気にするからです。
女性関係やお金関係で会社での評価を下げたくないのです。
男性にとって仕事は人生の軸になりますので、ここをおろそかにしたくはないのです。
相手が同じ部署の子や上司や部下の関係だった場合、影響が出るのは目に見えています。

スポンサーリンク

しかし、男性が社内では警戒心が強いからといって、その警戒心が消える時があります。
それはどういうときかというと、『理想の相手が現れた時』です。
いくら仕事は仕事、恋愛は恋愛と割り切っていたとしても、そういう人生を一緒に歩んでいってもいいかなと思うような女性が現れた場合は話が変わってきます。
会社でずっと一緒にいれば、相手がどんな人なのか、色々とわかってきます。
たとえば、面倒な人なのか?ずるい人なのか?一緒に居て楽なのか?そういった少し近くいないと分からないことがわかってきたりします。
それで、この人となら一生一緒にいてもいいなと思った場合、会社でのリスクを背負ってでも、この女性をゲットしようと思うものなのです。
そして、社内恋愛で上手くいく為に、以下の4ステップを踏むと良いでしょう。
1、仕事をがむしゃらに頑張る。
2、仕事の相談が出来る関係になる。
3、プライベートな話も出来るようになる。
4、気軽に二人で遊べるようになる。
ここまできたら告白も成功しやすくなっていることでしょう。
以上、社内恋愛での男性心理と態度についてでした。

スポンサーリンク