社内恋愛 失恋 退職

社内恋愛での失恋と退職の考え方

スポンサーリンク

今回は社内恋愛での失恋と退職の考え方というテーマで話していこうと思います。
社内恋愛での失恋と退職の考え方とは一体どんな考え方なのでしょうか?みていきましょう。
社内恋愛で恋愛を成就させるのはなかなかハードルが高く、その恋愛を成就させたい場合、慎重な行動が求められます。
まず社内恋愛で告白する場合、始めに考えておかないといけないことがあります。
それはなにか?振られた後のことを考えるということです。
告白してもし振られた場合、最悪の場合、退職をしなくてはいけない状況がやってくるからです。
そのため告白をして振られてしまった場合、今までと同じように接することができるのか?ということが大事になります。
これができなければ職場でギクシャクしてしまい、周りにも良い影響は及ぼしません。
社内恋愛では振られたからといって、何度も告白するのはタブーなのです。

スポンサーリンク

社内恋愛で告白をして成功させるには、こちら側が余裕をもっていることが重要になってきます。
告白をする時に、『もし振られたとしても、私は今までどおりに接するから。』というような前置きをしておくことで、相手の心理的負担が減りますので、この子はしっかりしているなと思われますし、安心感も与えます。
退社になるケースとして考えられるのは、告白をして失敗に終わってしまった後の行動です。
もし振られてしまって辛い心境であっても、今までどおり相手に接することができれば、仕事にも影響しないでしょうし、周りの人にも気を使わせたり、迷惑になることはないと思います。
しかし、振られたからといって、仕事に手を抜いたり、感情的になって相手を批判をしていたりすると、もちろん仕事にも悪影響ですし、周りにも迷惑をかけることになります。
そうすると退社に追い込まれたり、部署の移動を余儀なくされてしまうこともありえます。
なので告白をする場合は、振られた後のこともしっかりと考えてから告白をするようにしましょう。
以上、社内恋愛での失恋と退職の考え方についてでした。

スポンサーリンク