好き避け 男 特徴

男の好き避けの特徴

スポンサーリンク

今回は男の好き避けの特徴について解説します。
まずこの『好き避け』とはどういうことか。
それは、好きだけどそれを悟られないようにしようとして、あえて避けてしまうことです。
人間は不思議ですね。
好きでも嫌いでも同じ態度をとってしまうことがあるのですから。
では男の好き避けの特徴について話していきます。
男の好き避けの特徴はどんな特徴があるのでしょうか?みていきましょう。
【1、冷たい態度にみえる】
嫌いな場合終止態度は冷たいです。
話をまったく聞いていなかったり、話は上の空。
突然違う話をすることも。
しかし好きな場合は好意が伝わらないようにあえて冷たい態度をとろうとします。
話を聞いていないようにみえて、実はしっかり聞いていて、たまに微笑んだりもします。

スポンサーリンク

【2、視線を合わさない】
嫌いな場合、目を合わさないようにします。
挙動不審な態度もとることがあります。
しかし好きな場合は視線が合いそうになるとそらそうとします。
本当は視線を合わせたいのですが好意がバレてしまうことを恐れているのです。
視線が合うと赤面したり、手足が不自然に動いたりします。
【3、挨拶の反応が変化する】
嫌いな場合、挨拶をしても返さなかったり、無視をしたりします。
しかし好きな場合は、昨日は気持ち良く挨拶してくれたのに、翌日はそっけなかったりします。
これもあえてしているのです。気を引こうとしているのです。
【4、他の男性と仲良くしていると冷たい態度をとる】
嫌いな場合、一貫して冷たい態度をとります。
しかし好きな場合は、心の中では嫉妬の念が渦巻いていてそれが顔に出てしまっている場合もありますが、悟られないようにその場を立ち去る場合もあります。
【5、今恋人がいないことを話しても興味なさそう】
嫌いな場合、興味がなさそうに『そうなんだ〜』と流すような相槌で終わらそうとします。
しかし好きな場合は興味がなさそうにしてきますが、しっかり聞いてきます。

『どんなデートしてたの?』『どこが好きだったの?』『なんで別れたの?』等を聞いてきたら好きな可能性が高いです。
今回は男の好き避けの特徴について解説しました。
いかがだったでしょうか?
この記事が何かの参考になれば幸いです。
今回も読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク