スキンシップ 種類

スキンシップの種類について

スポンサーリンク

今回はスキンシップの種類についてというテーマで話していこうと思います。
スキンシップの種類は一体どのくらいあってどんなものがあるのでしょうか?みていきましょう。
スキンシップは対象となる相手によって変わってきます。
友人、パートナー、恋人などがいますが、しかし誰に対しても有効なコミュニケーションがあります。
それは、『アイコンタクト』です。
人間の根源的欲求に承認欲求というものがあります。
それをうまく満たしてくれるのが『アイコンタクト』なのです。
よく話をしているのにスマホをいじっていたりする人がいますが、実はこれはスキンシップとしてはあまりよくありません。
承認欲求を全くといっていいほど満たしていないのです。
寧ろ相手に不快な思いにさせているのです。

スポンサーリンク

そして実は人間には得意な感覚器官というものがあり、大きく分けて3つあります。
1、みるのが得意。2、きくのが得意。3触ったり触れられたりするのが得意。
このように分けることができます。
みるのが得意な人には、視覚的に楽しませてあげることが有効です。
例えば変顔をしてみたり、ファッションを変えて視覚的に楽しませて上げたり。
こういう視覚的に変化を与えることで喜びを感じるのです。
きくのが得意な人には、頻繁に電話をしてあげたり、優しく話しかけてあげると効果的です。
触ったり触れられたりするのが得意な人は身体の感覚、つまりスキンシップを多くとってあげることで二人の関係は高まります。
厄介なのが二人の得意な感覚が違うことです。
お互い喜んでくれるだろうとしていることが実は相手にはあまり響いていないなんてことは珍しくありません。
これらを総じて相性といっているのかもしれません。
大切なのは相手がどのタイプなのかを見極めて、相手の得意な感覚を刺激してあげることが大切なのです。
以上、スキンシップの種類についてでした。

スポンサーリンク