視線を感じる 相手 心理

視線を感じる時の相手の心理とは?

スポンサーリンク

今回は視線を感じる時の相手の心理について話していこうと思います。
この話を聞けば、この視線はどういった意味の視線なのか分かるようになり、気になる人ならゲットできる確率は高まるでしょうし、逆にこの話を聞かなければ、視線を感じるがどんな意味の視線なのかわからず、空回りの行動をとってしまうかもしれません。
それでは、はじめましょう。
日常生活を送っていると、たまに視線を感じることはありませんか?
例えば、階段ですれ違う時、電車で反対側に座っている人、あとガラス越しから感じる視線…最後のはマニアックかもしれませんが笑。
少なからず誰にでもそういった経験はあると思います。
そして視線には相手からの好意や無関心だったりといった思いを感じる事ができます。
基本的に目を見てきてそらされる。
そしてすぐにまた視線を送ってくる。

このような視線を送ってくる人からは好意があると言えるでしょう。
逆にずっと見てくる人や、こちらが見た時に、視線を横にずらす人は嫌悪感を感じていたり、無関心である可能性が高いです。

スポンサーリンク

そして有名な話かもしれませんが、男性が好きな女性の話を聞くときは相手の目をよく見ていて、女性は好きな男性に話している時に相手の目をよく見るという心理があります。
更に、興味がない人を見るときは濁った様な目をしていますが、興味がある人を見るときは瞳孔が開くきます。
よくマンガ等で目がキラキラしているのを見かけますが、あれはある意味真理を得ているのです。
なので、見つめ合っている男女は相性が良いでしょうから、カップルになりやすいと考えられます。
男性は基本的に興味がない人の話には上の空で話を聞いています。
ゲーム中なんかが良い例かもしれません笑。
逆に女性は興味がなくても話す事が好きな人が多いため、目を見て話す事にも比較的抵抗はありません。
好きな人や気になってる人には、『もっと話を聞いて』とキラキラとした視線を送ってくるでしょう。
今回は視線を感じる時の相手の心理について話しました。
気になる人がいれば、視線をチラチラ送ったりしてみて下さい。
相手はあなたの好意に気づくかもしれません。あなたの素敵な恋や恋愛が叶いますように。
以上、視線を感じる時の相手の心理とは?でした。
それでは、聞いて頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク