交際期間 短い 復縁

交際期間が短い時の復縁の可能性…

スポンサーリンク

今回は交際期間が短い時の復縁の可能性について話していこうと思います。
今回の記事を見れば交際間もない間に別れを告げられた場合はどうすれば良いのかが分かり、見なければ不適切な行動をとってしまい復縁できなくなってしまうかもしれません。
交際期間が短い時の復縁の可能性はどうなっているのでしょうか?みていきましょう。
付き合って二ヶ月とかで『いきなりで悪いけど、別れよう…』付き合いはじめでの一番楽しい幸せ絶頂の時にこんな事を言われてしまったら、相当落ち込みますし、精神的にも相当辛いですよね。
でも意外と三ヶ月以内で別れてしまうカップルは多いのです。
短い期間で別れてしまう時はいくつかのパターンがあります。
1、急に連絡がとれなくなった。
2、急に会う回数が減った。
3、急に冷たくなった。
だいたいこの3パターンがあります。
数ヶ月で別れてしまうカップルはこのような経験をしている人が多いようです。
さらに理由もわからず、教えてくれないので原因が分からないケースも多いそうです。
では、交際期間が短い場合の復縁の可能性はどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

まず復縁を可能性で考えてはならないと思います。
やっぱり行動して伝えてみないことには結果は変わらないからです。
しかし、短い交際期間で別れた場合は復縁の可能性は低くなると思います。
別れた原因はそれぞれ違うと思いますが、復縁の可能性が低くなる原因は三つ程あります。
1、嫌なところ許せないところがあった。
交際期間が短いので、良い面ばかりが目に入って付き合っていたパターンです。
印象が悪い状態で別れてしまっているので、どうしても復縁の可能性は低くなってしまうでしょう。
2、なんとなく付き合った。
外見が好みだった、恋人が欲しかった。
そんな理由で付き合った場合です。
普通は付き合っているうちに相手の良い面悪い面なんかを知りつつ、どんどん愛情が深まっていく場合もおおいにあるのですが、最初がなんとなくから付き合ってしまう場合だと、深い関係になっていくのはなかなか難しいかもしれません。
3、イメージと違った。
『付き合ったらイメージと違った』と思ってしまった場合です。
人間ある程度はイメージしますが、理想が高い人なんかは付き合ったあとも、こうしてくれるのではないか?
ああしてくれるのではないかと高望みをしていることが多いです。
そんな人と付き合っても今後が大変だと思いますので、よく考えてみても良いかもしれませんね。

以上、交際期間が短い時の復縁の可能性…についてでした。

スポンサーリンク