告白 気をつけること

告白の際に気をつけること

スポンサーリンク

今回は告白の際に気をつけることというテーマで話していこうと思います。
告白の際に気をつけることとは一体どんなことなのでしょうか?みていきましょう。
1、お酒が入った状態で告白しない。
告白においてお酒のチカラを借りる人はいると思いますがこれはやめましょう。
だいたいお酒が入る時間帯も終電に近い時間帯が多いと思いますので、終電間際で告白されても、『終電なので帰ります。』とは言いづらく、『この人全然考えてなくて自己中心的な人だな。』と思われて玉砕するのがオチです。
2、メールや電話でしない。
好きを伝える程度のものであれば、直接会っていない状態で伝えても、それは好意が高まるかもしれないですが、告白をメールや電話でするのは避けた方が良いです。
なぜなら、メールや電話では顔が観れないので微妙なニュアンスが伝わらないからです。
振られる場合は気まずくならないので良いかもしれないですが、告白という大事なイベントなので、そこは直接会ってしましょう。

スポンサーリンク

3、ふとした沈黙の瞬間を狙え。
これはどういうことかと言いますと、二人で楽しく話をしていたとします。
しかも結構盛り上がっています。
その状況はとても良い状況と言えます。
がしかし、そんな話が盛り上がっている最中にいきなり告白をしてきたらどうでしょうか?
相手はビックリしてしまうことが目に見えていますね。やめましょう。
話が盛り上がっていたとしても、いずれ沈黙の瞬間が訪れます。
その瞬間が告白をするタイミングなのです。
4、食事中の告白。
食事中の告白は避けましょう。
もし仮に100%告白が成功すると分かっていれば良いのですが、なかなかそんな状況はありません。
成功するだろうと思ってはいても確信はないはずです。
そんな状況のなか、食事中に告白をしてみてください。
失敗したらその後が気まずくて仕方ないですよね。すぐに解散ですね。
このようにタイミングをあやまれば修復不可能な状態にもなりかねないので、告白の際は以上の四つに気をつけてください。
あなたの恋愛が上手くいくことを願っています。

以上、告白の際に気をつけることについてでした。

スポンサーリンク