男性心理 好意 会話

会話から好意を見極める男性心理

スポンサーリンク

今回は会話から好意を見極める男性心理について話していこうと思います。
今回の話を聞けば、この会話から好意があるのかが見極める事ができ、次の展開へスムーズに繋げる事ができます。
しかし、この話を聞かなければ、会話をしているけど相手がどう思ってるのか分からず、ギクシャクした関係になってしまうかもしれません。
それでは、はじめていきましょう。
その女性に好意があれば質問が多くなります
相手に好意があれば何でも知りたいと思うので、特に趣味嗜好、過去の恋愛話、仕事、周りの人間関係等を質問してくるでしょう。
最近質問が多いなあと感じたら、好意があるサインかもしれません。
その女性に好意があれば自慢話をしてくる事が多くなります。
男性は自分が気になってる人には自分の話をして、分かってもらおうとするのです。
本命で好きな人ほど、何でも話をしてきます。
自慢話を聞いてもらえて、肯定してもらえると幸福感が増すのです。
しかし、自分の方がその自慢話より上をいく話の場合、その話はしない方が良いでしょう。
男性はプライドが高いし弱い生き物なので、ショックが大きいかもしれません。

スポンサーリンク

○○に行きたいと言ってくる。
例えば『○○行きたいんだよね?』『○○観たいんだよね?』という言葉を発してくる。
このような発言が多ければ好意がある可能性が高いです。
このように○○行きたいと言えば一緒に行こうよという返事が返ってきやすい言葉を使うのは、一緒に行っても良いと思っている証拠です。
一緒に行きたくない人にはこのような発言はしないのです。
あなたがその人に興味があれば素直にOKを出してみましょう。
トントン拍子で事が運ぶかもしれません。
感謝の言葉を言ってくる。
もし会話の途中で『ありがとう』『感謝してる』『助かる』『嬉しい』等の言葉が出てくるのは、相手に嫌われたくない証拠です。
なかなか人は、特に男性は感謝の言葉を発する事が苦手です。
そんな男性が言ってくるのです。
可能性は高いでしょう。
いかがだったでしょうか?以上のポイントをおさえつつ、普段の会話をしてみましょう。
以上、会話から好意を見極める男性心理でした。
それでは、読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク