既婚男性 好意 サイン

既婚男性が好意を持った時のサイン

スポンサーリンク

今回は既婚男性が好意を持った時のサインというテーマについて話していこうと思います。
既婚男性が好意を持った時のサインとは一体どんなサインなのでしょうか?みていきましょう。
既婚している男性であっても、奥さん以外に好きになる可能性はおおいにありえます。
しかし、結婚をしている立場であるので、堂々とできない心理があることは間違いないでしょう。
奥さんがいますので、正直に自分の気持ち(好きという気持ち)を分かりやすく表現することは危険だと考えられます。
その既婚男性のタイプにもよりますが、今の奥さんに飽きていたり、喧嘩をしていてうんざりしている時、または奥さんがかまってくれなくて、寂しい思いをしている場合は、良いなと思った人がふと現われると、心が移ろいやすくなってしまう時があります。
会社の昼食中に何気ない会話をしているだけなのですが、趣味の話が盛り上がったり、笑うタイミングが一緒だったりすると、好感を持つことがあります。
これは既婚男性に関わらず、万人に共通することだといえるでしょう。

スポンサーリンク

しかし既婚しているという意識があるため、既婚していない人に比べると、ある種のスリルのようなものを味わうことができるでしょう。
そして中にはそのスリルが好きな人もいるので、注意が必要です。
そういう人は、さらにスリルを求めて、好意を持つとそれを何とか伝えようとしてきます。
そして、既婚男性が気になる女性にアプローチをする際に、わかりやすいサインがあります。
それが、指輪を外して接してくるということです。
この結婚指輪というのは、通常は仕事などで、どうしても外さなければいけないとき以外は、つけているものです。
しかし、あなたと一緒にいるだけなので、外さなくても良い時なのに、指輪を外している場合は、あなたへの好意のサインの可能性が非常に高いと言えるでしょう。
指輪を外すことで、あなたにアプローチをしていますし、指輪を外すことによって独身の時のような開放感を味わうことができるというのも、一つの理由かもしれません。
他の既婚男性の好意やサインは、恋愛遍歴を聞いてきたり、さりげなく遊びの誘いをしてきたり、二人だけで食事に行こうと誘ってくることがあります。
また、既婚男性は恋愛経験がある程度ありますので、なにか余裕を感じることがあるでしょう。
そして、あなたからアプローチをさせることに慣れている可能性も高いでしょう。
以上、既婚男性が好意を持った時のサインについてでした。

スポンサーリンク