会えない時間 男性心理

会えない時間は男性心理としてはどうなのか?

スポンサーリンク

今回は会えない時間は男性心理としてはどうなのか?というテーマで話していこうと思います。
会えない時間は男性心理としてはどうなのでしょうか?みていきましょう。
結論から先に言いますが、男性心理として会えない時間は愛を育てる場合があります。
多くの男性はベタベタしか関係をあまり好まない傾向にあります。
女性は好きな人と常に一緒にいたいと思う人が多いようですが、男性は女性と違い常に一緒にいたいとあまり思わず、一緒に居る時間が長いと、相手をうっとうしく感じてしまう場合があります。
逆に会える時間が少ない方が、会えた時の喜びが増しますし、プライベートと仕事とのけじめがしっかりとつけられるので、恋愛が上手くいくことが多いです。
男性はしつこくされることや束縛されることがあまり好きでない人が多いので、会わない時間をつくると、逆にあなたのことを考えるので、その時間を作ることによって、より愛が深まるのです。

スポンサーリンク

これだけ聞くと男性は身勝手だと思いますが、男性は女性を手に入れるまでは必死になりますが、手に入れてしまうと、『釣った魚にエサをやらない』とよく言いうように、女性に対して淡白な気持ちになるのです。
男性心理を上手く利用すれば、今までの男女関係を逆転させることも可能です。
たとえば学生であればアルバイトの時間を増やして会えない時間を増やしたり、社会人であれば何か習い事を始めて会えない時間を増やしたりと。
その会えない時間があなたのことを考える時間も増えるので、愛が深まったりします。
毎日会っていては飽きますし、マンネリにも繋がってしまいます。
なので遠距離恋愛は会えない時間が多く会えた時の喜びは大きいですが、あまりにも会えない時間が多すぎると冷めてしまう可能性もあるので注意が必要です。
男性はベタベタ好きでいられるよりも少し引き気味のほうが、心をひきつけることができるので、バランスをみて会う時間を考えてみてください。
以上、会えない時間は男性心理としてはどうなのか?についてでした。

スポンサーリンク